お知らせ 添付書類は下線部をクリックして下さい。

   県本部事務局 :Tel  045-212-4686       E-mail: taiyu-kanagawa@nifty.com
              
Fax 045-305-3595







新型コロナウイルス感染症基本的な感染予防対策
                           ↑
                     下線部をクリックして下さい。
 横浜市新型コロナウイルス感染症コールセンターが開設されました。
  受付時間:9:00 ~ 21:00(土日祝日を含む。)
  「横浜市 新型コロナ」で「検索」




終身会員寄付金提供者ご芳名

 県隊友会の運営協力金として、2020年11月30日現在で、添付資料掲載(上記標題下線部をクリック下さい。)の方々から
 ご寄付を頂いています。県隊友会を代表して心からお礼申し上げます。

                  ( 2020.11.30 県隊友会長 松岡 貞義 )




令和2年度秋の叙勲受章者
 
次の会員の方が受章されました。おめでとうございます。

   瑞宝中綬章 ⇒ 半田 謙次郎(県 央・海)
   瑞宝小綬章 ⇒ 佐原 章友 (横須賀・海) 竹中 信  (横浜南・海) 長尾 好太郎(横浜北・海)
          藤原 裕  (県 央・海) 渡邊 洋一郎(横浜北・海)
   瑞宝双光章 ⇒ 工藤 良一 (横須賀・陸) 住吉 則昭 (横須賀・海)



令和2年度 第34回危険業務従事者叙勲受章者
 次の会員の方が受章されました。おめでとうございます。
   瑞宝双光章 ⇒ 大津  薫(横須賀・海) 平松  淳(横須賀・海) 安田 明彦(横須賀・) 岩田 康男(横浜南・
   瑞宝単光章 ⇒ 上妻 雄二(横須賀・





陸海空 自衛官募集
 
 自衛隊神奈川地方協力本部では大変ご苦労をしておられます。
 
 皆様、より一層のご協力をお願い致します。




即応予備自衛官 募 集
 
 即応予備自衛官に応募して国のために尽くそう!!

 資格等
  ・自衛官勤務期間(陸海空不問)1年以上
    自衛官未経験の方も即応予備自衛官登用の道があります!
  ・年齢49歳以下
  ・50~60万円/年の手当てあり!
 細 部:添付資料のとおり(下線部をクリックして下さい)。

  興味のある方は、神奈川地方協力本部予備自衛官課(045-662-9475)若しくは神奈川県隊友会事務局
まで連絡ください。



隊友会HPへの求人情報の掲載開始について
 標記について、隊友会本部のホームページに掲載が開始されましたので、ご活用下さい。
 「
隊友会HP求人情報ページへのアクセス要領」も付いております。
 本件の
主旨及びアクセス要領等については、上タイトルクリックして下さい。



県陸自隊員留守家族支援協定締結 

平成30年2月23日(金)1600から、陸上自衛隊の武山駐屯地において、神奈川県に所在する陸上自衛隊の全4個駐屯地(座間、横浜、久里浜、武山)の各司令、神奈川地方協力本部長、神奈川県家族会長及び神奈川県隊友会長が一同に会し「大規模災害時における派遣隊員の留守家族支援に関する協定」を締結した。これは平成28年度から陸自東部方面総監部の依頼を受けて実施した「家族支援会同・訓練」の成果を取り込むとともに、平成29年5月の「家族支援に関する中央協定」に準拠して作成されました。

                 (県隊友会本部 寺田理事役)




横須賀地方総監部 県隊友会 防災協定を締結

 平成29年8月4日、横須賀地方総監部(道満総監)と神奈川県隊友会(寺地会長)は、総監部で防災協定「大規模災害時等における隊友会の情報協力に関する協定」の締結式を実施し、幕僚長以下の主要幕僚及び県隊友会の支部長等が列席しました。

道満総監からは「東日本大震災時、大湊総監部に幕僚として勤務していたが立ち上がり時に被災情報がなかなか入手できず大変苦労した。隊友会会員の方が居住地域近傍の港湾施設・主要道路等の情報を収集して提供して頂けることに感謝します。」との挨拶があり、寺地会長からは「全国の隊友会の中で、陸自の師団レベル以上又は海自の地方総監部レベルとの防災協定は、今回の横須賀地方総監部と神奈川県隊友会との防災協定が全国で初めてであり、総監部のご期待に応えられるよう、県隊友会を挙げて自衛隊で鍛えた報告要領5W1Hを基に、災害情報の迅速な提供要領演練していきたい。」と挨拶した。
(29.8.10 県隊友会本部 寺田理事役)






神奈川県 県隊友会 防災協定 を締結
 平成29年4月24日(月)1325~1340の間、県庁において、神奈川県(黒岩知事)と県隊友会(田内会長)との間で防災協定「災害時等における隊友会の支援協力に関する協定」が締結されました。県隊友会各支部と県下8市町(横浜市、海老名市、川崎市、横須賀市、座間市、鎌倉市、海老名市、葉山町)との防災協定が逐次整備され、新たに、県と県隊友会との間で防災協定が締結されたことで、県内で大規模災害等が発生した場合、県災害対策本部等に災害情報を提供する体制が概成しました。 
 黒岩県知事は、「大規模災害時には自衛隊の支援に期待するところ大であり、
自衛隊OBである隊友会の皆さんが災害情報の収集に協力していただけることは非常に心強い。」と述べられ、田内県会長は、「この協定が実際の災害時等に機能するように訓練等を通じ、しっかり育てていきたい。」と抱負を述べました。 本防災協定は、県内で大規模災害等が発生した場合の他、武力攻撃事態又は緊急対処事態が発生し、県がこれらの事態に関する対策本部を設置された場合にも適応し得る柔軟な協定になっております。
 
 
なお、本防災協定の締結式には、県側から河原安全防災局長、花田安全防災副局長等が同席いたしました。
             ( 29.5.12 県本部事務局 寺田信夫 )