神奈川県隊友会 会長 ご挨拶

                             「かけはし」としての役割

 隊友会活動の目的である「国民と自衛隊とのかけ」について私の思いを述べたいと思います。

 先ず第一に、会員在っての 「かけ
」であり、隊友会本部及び県隊友会を挙げて会員の減少を食い止める必要があります。隊友会本部では再就職支援事業等を更に推進して頂くとともに、県隊友会レベルでは、研修旅行、懇親会、趣味のクラブ活動等に加え、平素の地域活動や防災訓練の際は、隊友会のベストを着用する等PRにも努め、会員が入会して良かったと思えるような地道な活動を続け、各役員自ら会員の獲得に努力しましょう。

 第二に、自衛隊や地方自治体の活動・支援に参画し、真の「かけ」になるべく努力・貢献すること。本県隊友会は、各市町村に加え、神奈川県及び海自横須賀地方総監部とも防災協定を締結し、各種防災訓練に参加するとともに、陸自隊員家族の安否確認訓練も実施しております。平素の活動は勿論のこと、大規模災害時等には、自衛隊で培った知見を発揮し、市民の一人として、地域の安全・安心に貢献してこそ、真の「かけ」として評価されると思います。

 第三に、自衛隊OBとして、北方領土返還要求や憲法改正など国民運動に参加すること。自民党の「日本国憲法改正草案」では、第二章「安全保障」で、自衛権・国防軍(自衛隊)を明記し、第九章「緊急事態」で、外国からの武力攻撃、内乱等に対する治安維持、大規模災害への対応を明文化しています。我々は、来るべき国民投票に備え、一人でも多くの賛同者が得られるよう、草の根運動を展開し、憲法改正等の実現に努力しましょう。

結びに、今年は、新天皇がご即位されます。我々は、皇室の末永い弥栄及び国家の安寧と家族の繁栄を願い、祝祭日には国旗「日の丸」の掲揚を励行し、共に祝いましょう。

                           平成31年 3月   神奈川県隊友会 会長 寺地重告