神奈川県隊友会 会長 ご挨拶

                             年頭のご挨拶

会員の皆様、新年あけましておめでとうございます。
 昨年は、米国第一主義を唱えるトランプ政権の誕生に伴い、地球規模の環境問題である地球温暖化対策を定めたパリ協定からのアメリカ離脱、環太平洋諸国が締結を目指して交渉してきた広域的な経済連携協定(TPP協定)からのアメリカ離脱など、アメリカが自分の国さえ良ければ他国のことは二の次という内向きの政治姿勢の隙をつく形で、ロシアや中国がその強大な軍事力を背景に国際政治をリードする姿や北朝鮮の核開発・弾道ミサイル発射が目立った一年でした。 国内的には、安倍政権の安定運営に加え、訪日外国人観光客の増加、東京オリンピック準備、災害復興事業、リニア新幹線特需等で全国的に求人倍率も大幅に改善し、良い年であったと思います。
 このような情勢の中、神奈川県隊友会は、会員の減少に歯止めが掛からない苦しい状況が続いておりますが、昨年は@県隊友会規則の改正、A県隊友政治連盟規約の改正、B県隊友会支部旗の制定、C神奈川県との防災協定の締結、D海自横須賀地方総監部との防災協定の締結を達成する等、実りの多い年でした。これも一重に、県隊友会役員諸氏のご努力の賜と感謝いたしております。特に、防災協定については、各支部のご尽力もあって、昨年末現在、2自衛隊(陸・海)、1県、8市、2町と防災協定を締結し 、地方自治体の防災訓練にも「県隊友会のベスト」を着用して参加しております。
 今年は、役員各位のご協力を頂き、次の3点に力を注ぎたいと思います。
 まず、第一は、会員の獲得です。
 会員の減少を食い止めるためには、会員そのものが入会してよかったと思えるような日ごろの地道な努力が大事でしょう。そのような観点から、隊友会本部では再就職支援事業(求人情報の提示)、団体保険の継続加入等の施策の推進、県隊友会レベルでは地方自治体等の防災訓練への参加、部隊研修旅行、趣味のクラブ活動等を実施しており、これらのことも宣伝して会員の獲得に繋げていきたいものです。
 第二は、憲法改正実現に向けた草の根運動の展開
先の衆議院総選挙において、政府与党は衆参で国会の2/3の議席を得、憲法改正を発議することが可能になりました。国の安全を担う自衛隊、海上保安庁、警察、消防のうち、国民の八割以上が自衛隊の存在を認め、いざという時に国民から最も頼りにされる自衛隊のみが憲法違反だと言われる現状は極めて不具合であり、何としてもこれを打破し、自衛官が誇りを持って職務に専念できる体制を一日も早く実現したい。そのためには、国会での議論は国会議員の先生方にお任せするとして、我々隊友会員及び防衛諸団体は一致協力して、来るべき憲法改正国民投票に備え、一人でも多くの賛同者が得られるよう、憲法改正実現に向けた草の根運動を展開していく必要があると考えております。
会員の皆さん、古人曰く「先ず隗より始め」、ご自分の家族や親戚の方に、憲法改正実現に向けた草の根運動を展開しましょう。
 第三は、国旗掲揚の啓蒙
国の平和と独立を守るため、国旗「日の丸」を背に、元日も洋上の護衛艦等で、あるいは極寒のレーダーサイト等で勤務している多くの自衛官がいることを忘れないでいただきたい。特に、国防の任に就いたことのある我々隊友会員は、国家の安寧と家族の繁栄を願い、祝祭日には国旗「日の丸」を掲揚するとともに、国旗掲揚の意義を子供たちにも伝承していくべきです。会員の皆さん、祝祭日には国旗「日の丸」を掲揚しましょう。
今年も健康で明るい年であることをご祈念申し上げ、年頭のご挨拶といたします。

                平成30年 元旦   神奈川県隊友会  会長 寺地重告